2022.6.25 2022.7.2

フェラーリ・カリフォルニアを都内で美しく

1級建築士の目線を持って不動産会社を運営されている
「ART&TECHNOLOGY合同会社」代表の山本 訓也様のお車「フェラーリ・カリフォルニア」を撮影。

フェラーリ・カリフォルニアについて

フェラーリ初のクーペカブリオレのモデルとして2009年から発売されているモデル。
車名のカリフォルニアは1950年代に生産されていた「250GT カリフォルニア・スパイダー」から来ています。

ラゲージルームにはトランクスルー方式が採用されラゲージ容量は通常時で360Lが確保されており、そんな便利なボディであるカリフォルニアのエンジン出力は2014年のビッグマイナーチェンジでエンジンを3.9Lの直噴V8ターボ(最高出力560ps)に変更されている。

多くの車好きが憧れるフェラーリ・カリフォルニアの撮影をご依頼いただけるのは大変嬉しかったです。

撮影ロケーション

ーーーーーーーーーーー
☑東京駅付近
☑コレド室町
☑三井住友銀行
ーーーーーーーーーーー
の3箇所で撮影を進めることになりました。

時間帯は21時以降でストロボでライティングし、上品かつ高級感を感じる作品を意識して撮影いたしました。

東京駅での撮影

東京駅をバックにダイナミックな演出となるよう
20mmの広角レンズで撮影。

コレド室町での撮影

ミラーリング編集を想定して撮影し、和とモダンを融合したコレド室町にイタリア車であるカリフォルニアをどのように溶け込まして表現するかを意識して撮影。

三井住友銀行での撮影

無機質な外壁はどことなく日本ではない表現を出してくれる。
ライティングにより影の明暗を出すことでシックでカッコいい表現で撮影。

撮影機材一覧

☑SONY α7SⅢ
☑レンズ SONY FE20mm F1.8G
☑レンズ SONY FE85m F1.8
☑ストロボ Prohoto B10

「ART&TECHNOLOGY合同会社」が運営する東京ガレージ

愛車を綺麗な状態で保管・維持するには
ーーーーーーーー
☑雨風・紫外線を完璧に遮断
☑整備や洗車ができる環境
ーーーーーーーー
などが必要となってきます。

そんなニッチな需要を満たす理想的なライフスタイルであるガレージライフ。
上記の悩みを解決・お応えするのが「東京ガレージ」。ガレージハウスを中心に1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の
車庫付き不動産を専門に取り扱っている不動産情報サイトです。