2022.7.2

「武田 邦彦」先生のHP用宣材写真を撮影

ホンマでっか!?TVでおなじみの「武田 邦彦」先生のHP用宣材写真を撮影いたしました。

今回は武田先生と事務所の皆様と一緒に撮影した思い出についてお届けできたらと思います。

「武田 邦彦」先生について

日本の工学者。

1943年東京都生まれで東京大学卒業後、旭化成工業に入社。ウラン濃縮を研究し所長に就任。

ーーーー来歴ーーーー
1993年:芝浦工業大学工学部教授
2002年:名古屋大学大学院教授
2007年:中部大学総合高額研究所特任教授
2021年:中部大学 特任教授を退任
2022年:7月に行われる第26回参議員通常選挙に参政党公認で比例区から立候補
ーーーーーーーーーー

ーーー番組出演ーーー
☑ホンマでっかTV
☑虎ノ門ニュース
☑たかじんのそこまで言って委員会
☑ビートたけしのTVタックル
ーーーーーーーーーー

ーーー著書ーーー
☑武田邦彦の科学的人生論
☑これから日本に必要な総合力
☑情報の悪意
☑50歳から元気になる生き方
ーーーーーーーーーー

上記は一部分ではありますが、工学者、教授、番組出演、著書、政治活動と多岐に渡って幅広くお仕事をされています。

HP用宣材写真の撮影

今回のご縁はお客さまである神谷 宗幣さんから武田邦彦先生とのご縁をいただきました。

以前、神谷さんの家族写真を撮影させていただいたご縁があり、
神谷さんとの撮影については追ってブログでお届けできたらと思います。

武田 邦彦先生はYouTube、取材、番組などと収録のスケジュールが立て続けに詰まっている中で
隙間時間の約1時間少しの時間でHP用宣材写真の撮影をするタイトなスケジュールとなりました。

撮影当日、初めてお会いした時はとてもお優しい方でした。

武田 邦彦先生は79歳の年齢でありながら、何本も収録を行って、取材を受けてなど
かなり体力を使うにも関わらず笑顔で接していただけたのは、とても嬉しい気持ちと同時に
仕事に対する情熱や命がけでやっている姿勢やその背中を見ると心にグッと来るものを感じました。

ーーーーー
☑自分も武田先生と同じ年齢になった時にカメラを持っているのだろうか?
☑カメラで誰かの人生に影響を与えることができているのだろうか?
ーーーーー

色々と考えさせられました。

撮影は前半、室内で行って後半は外ロケで町並みをバックに撮影し
最後は許可をいただいたカフェの中で撮影を行いました。

外ロケは武田先生と私以外に事務所のスタッフ2名の合計4人で撮影をしました。

みんなと一緒にひとつに目的に向かって一緒に撮影(作品撮り)をしていくのは
ぬくもりを感じ達成感を得られます。

撮影した写真の一部は以下の通りです。